忍者ブログ
個人HP After Cider の管理人、 ほねっとのブログです。 なのはプロジェクトとか大好きです。 八神はやてが大好きな管理人です。 コメント歓迎です!
[186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [174] [173]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

arduino.jpgタッチパネルが使えるようになりました!
こんばんは、ほねっとです。

MTM03で買ってきた、ニンテンドーDS
用のタッチスクリーンを使えるように
いろいろやってました。

構成としては
タッチスクリーン⇔(AD変換)⇔Arduino⇔(シリアル通信)⇔JAVAアプリ
です。

いろんなページを見ると、ArduinoとProcessingの
シリアル通信についてはよく書いてあるのですが、
ArduinoとJAVAのシリアル通信はあまりなかったです。

ということでワークフローが
・Arduinoと可変抵抗によるAD変換の結果をシリアル通信でProcessingに渡せるか
・Arduinoと可変抵抗によるAD変換の結果をシリアル通信でJAVAに渡せるか
・ArduinoとタッチスクリーンによるAD変換の結果をシリアル通信でJAVAに渡せるか
ということで進めていきました。

1番目についてはほぼコピペでOK。建築発明工作ゼミ様のページが役に立ちますね。

次に2番でJAVAに渡すわけですが、JAVAを1回しか触ったことのない私。その時はテキストエディタ
で頑張れる程度なので察しが付きますね^^;
eclipseを入れてみたものの使い方分からず何度も挫折。シリアル通信についてのライブラリ
RXTXを入れてみようとするものの、動かないし、動くと思ったらいきなりエラーだったりで…
最終的に役に立ったのがWikipedia(English)のサンプルでした。よかったよかった。いくつか
いじりましたけど^^;

3番ではタッチスクリーンのコネクタにやられました。基板用で恐ろしいほどピッチがせまい。
なので抵抗の足とかをつけて分岐させるのに苦労しました…あとは建築発明工作ゼミ様の
サンプルをいくらかいじって対応。

何とか通信はできるようになり、タッチした座標も取れるようになったので、次はJAVAアプリに
コントロール部分とGUIの部分にかき足せば完成ですね!よかったよかった!


写真はこういう使い方もいいよねってことですね。
PR

コメント
無題
すげー工学部ってこんなことできるんだー面白そーって思ったww
こういう工作やってみたいなと昔から漠然と思ってたけどそうか、理学部に進んだ俺には無理なのかww
【2009/06/29 22:53】 NAME[ix] WEBLINK[] EDIT[]
無題
これは全然まっさらな状態から始めましたよ!
Arduino:初めて使う
Java:使うの2回目(Eclipseは初めて)
タッチスクリーン:初めて使う
シリアル通信:意味不明
この時代ならきっかけさえ見つければすぐ出来ますよ^^
【2009/06/30 01:46】 NAME[ほねっと] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
ほねっと
性別:
非公開
自己紹介:
ついったーはこちらです!
http://twitter.com/aftercider
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析