忍者ブログ
個人HP After Cider の管理人、 ほねっとのブログです。 なのはプロジェクトとか大好きです。 八神はやてが大好きな管理人です。 コメント歓迎です!
[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学における研究でのシミュレータが欲しいなと思って作りました。
作ろうとしたのはパラボラ反射鏡に斜めから平行波を当てた時にどういう風に
強度が分散するかのシミュレーションです。

要するに、放物面に対して均等に並んだベクトルが降り注ぎ、パラボラ(放物)面との
交点を求め、交点における法線ベクトルを使って反射ベクトルを求める。

反射ベクトルを求めたら反射ベクトルとある平面との交点を座標として求める。

っていうのを手計算で定式化したものにたいしていろんな出発点から入射させて
みて、最終的な座標点をマッピングするっていうやつです。

openGL、ちゃんと使ったのは初めてなのですが、意外と使いやすいんですね。
関数コールバックもきちんと設計されてますし。
ウィンドウが2つになるとややこしくなるそうですが。

flashとかだとドットは10万点とかいっぱい書くと処理が重くなってしまうのですが、
(wonderflやbeautiflのパーティクル祭り参照)さすがopenGLというだけあって、
早い早い! 100万点も何のそので描画してくれます。


で、なぜそんな話題を出したのかというと、openglの早さを称賛するためではなく、
生成される模様がとっても不思議で綺麗だったんです!



simulation.pngこんなんだったり、









simulation2.pngこんなんだったり。









なんか不思議できれいな模様がでて、パラメータ帰るだけでホントいろんな
模様を見せてくれるんです。描画も早いからやってるだけで楽しいです。
模様で遊んでるせいで研究は全然進みませんが…


昨日、ustしながらはやてちゃんを描いたので今夜upしようかなと思います。
数か月ぶりに描きました、難しいですね><

ではでは!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
ほねっと
性別:
非公開
自己紹介:
ついったーはこちらです!
http://twitter.com/aftercider
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析